オフィスで守るルール

オフィスのマナー教育

トップ / オフィスのマナー教育

オフィスでのマナーとは

会社に入って教育期間があり、そこでは会社の成り立ちから実務迄、教えてはくれますが実際にオフィスのマナーは教わっても身に付くのは時間がかかるもの。社会人としてのビジネスマナーは本を読めば大抵出ています。エレベーターに上司と乗った時。貴方の立ち位置は、と聞かれた時、操作盤の前に立つと言うのは当たり前として、近くの人がお客様からの電話に応対している時、横で同僚と声高におしゃべりする。応対の人は聞きづらく迷惑ですが、電話の向こうのお客様に与える印象も悪くなります。あなたの心遣いが、会社にとってもオフィスにもプラスになるのです。

オフィスで生まれる世界

マナーはしっかり守りましょう

オフィスではたくさんの方と接する機会があるため、しっかりとしたビジネスマナーが必要となることも多くあります。各企業ではこのような教育を徹底的に行うことも珍しくはなく、社内研修だけでなく商工会などの外部講習会にも積極的に参加させるようになっています。特に新卒での採用者への研修はとても多くなることもあり、より重要な業務を任せられる人材を育成していくためにも、このような研修は必要なものとなっています。オフィスで気持ちよく業務を行っていくためにも、このようなビジネスマナーは必要不可欠なものとなっています。

オフィスの服装情報