オフィスでの教育

オフィスで働く上司と部下

トップ / オフィスで働く上司と部下

オフィスの上司への対応

オフィスで一番悩みがあるのが、上司とのコミュニケーションですよね。仕事を円滑に、円満に行うためにはオフィスでの礼儀もチェック対象になっています。そこで、共通する対応方法をご紹介します。まず、「とにかく感謝を述べる」ことです。感謝をされたくて上の役職についた方が多く、それは人のために役に立ちたいからという誠実さの現れですので、どんな些細なことでも感謝の言葉を述べましょう。そして、「どこが駄目なのかを相談する」です。自分自身に駄目な部分がなくても、上司の意見を聞きたいということを伝え、話ができる場を設けましょう。聞いてても聞かなくても構いませんので、場を持ったことだけでもプラスに向かい、いざという時に助け舟を出してくれます。社会人になったら、ある程度の処世術を持って生きていきましょう。

オフィスで生まれる世界

部下の育成は上司の役割

オフィスにおける上司の重要な役割の一つに部下の活用・育成があります。多くの上司は、業務推進が重要な役割と考え、それだけに注力してしまいます。なぜなら、日本全体が成果主義となり、特に短期的な業績を上げることが最重要課題となったからです。少し言い過ぎの感もありますが、オフィスが殺伐とし、人間的な魅力に乏しくなってきました。でも、実はたくさんの企業が、このことに気づき、部下の活用・育成に重点を置き始めています。そして、教育研修を大切にしています。中でもOJT(仕事を通じての教育研修)を中心においています。当然のことながら、仕事が教材であり、職場は道場になっていいます。

オフィスの服装情報