オフィス服の選び方

オフィスでの服装に迷う

トップ

オフィスでの服装について

オフィスでも服装に気をつけたいというのは誰でも思うことですよね。最近の企業ではロゴが入ったスタッフジャンパーを貸与しているところが多いそうです。の空調に合わせて着脱できますし、よれよれの服装の日だったとしてもそれを隠せることもできます。また、そんな日に急な来客が入っても、上から羽織れば悪い印象を与えず、むしろ相手に好印象を与えます。その他、ランチを外で食べる際に羽織って行くと、その会社の宣伝にもなります。あまり失礼なことはできませんが、以外と使えるスタッフジャンパー、もっと取り入れるオフィスが増えたらいいなと感じます。

オフィスで生まれる世界

仕事中の服装が気になる

オフィスへの通勤の服装は何でも許されるでしょうか。大概は、ビジネススーツが常識ということになるでしょう。では、Gパン・Tシャツで通勤したい人が出てきたら、どうしますが。賢明な企業は、就業規則に服装基準を定めており、労働契約を締結するときにそれを守る条項を盛り込んでいます。だから、この問題でのオフィスでのトラブルは起きませんでは、基準を定めていなかったらどうなるでしょう。上司が注意し、余計なトラブルを起こしたくない社員はそれに従うでしょう。でも、考えて欲しいのです。研究開発などの仕事の人には、自由な恰好を許してやってください。クリエイティブな仕事には、許容範囲を拡大する必要もあるということです。つまり、顧客に不快感を与えないことを原則で対応して欲しいのです。

オフィスの服装情報

新着情報